la rose ~pierre de ronsard~

f0377243_07120708.jpg

2011年にNHKで放送された”カトリーヌミュレーのスーパーフラワーレッスン”を見てから
より一層花が好きになりました。
パリのトップフローリストであるカトリーヌミュレーの生み出すフラワーデザインは花の魅力を最大限に表現されていて・・・。
とりわけバラは私の目に美しく映り
その中でもカトリーヌミュレーが番組の中で使用していたピエール・ドゥ・ロンサールの美しさにはため息がでました。

そして5年前、迎えたピエール・ドゥ・ロンサールの苗木。
蕾がつき、テレビで見たのと同じそれはそれは美しい花が咲いたときは感動しました。

f0377243_07113122.jpg


↑2年前のピエール

でも当時の家の庭は日当たりが悪く
鉢植えで
肥料も少なかったのか
いまいち大きく育たず
花の数も毎年2~3個のまま増えず・・・(汗)

f0377243_07130705.jpeg

↑3年前のピエール

そんな時、昨年引越しをして
ピエールもお日様の当たる場所に地植えにしました。
今年は株も成長して蕾も十数個ついたので咲くのを楽しみにしていたのですが、
今度は蕾や新芽に長い口を入れて穴を開け、穴を開けられた蕾はもう咲くことはないというバラゾウムシに
蕾のほとんどを食べられて(吸われて?)しまいました。
結局咲いたのはバラゾウムシが見逃した?小さな蕾2つだけ(涙)。

f0377243_07070246.jpg

↑今年咲いた小さなピエール

引っ越す前はその存在すら知らなかったくらいバラゾウムシ被害はなかったのですが、これからの課題はバラゾウムシ対策です。
ゾウムシと言う名の通り、ゾウの鼻のような長い口をしていてなんだかかわいくて(笑)できれば殺したくないし、
小さな子どもや野良猫が庭を歩くので
できるだけ無農薬で、花を咲かせる方法はあるでしょうか・・・?

バラを美しく咲かせられるロザリアンへの道のりはまだまだ遠そうです。

[PR]
by foretoileblog | 2017-07-29 00:00 | fleur et le jardin | Comments(0)