le soleil

f0377243_11122187.jpg

昨日も今日も
京都はポカポカ陽気です。
公園から帰ってきた子どもの小さな手にぎゅっと握られていたのは
お日様の光のようなタンポポでした。

庭の花と一緒に飾りました。

f0377243_11133851.jpg

庭の草木を見ながらお日様の光を浴びていると幸せな気分になります。
太陽の光には
心身の安定や
心の安らぎなどにも関与しているセロトニンの分泌を
活性化させる働きがあるそうです。

極夜のある国は幻想的で美しいイメージですが(私の中で)、
太陽の光を長い間浴びないと
気持ちが落ち込んでしまいそうですね。

小・中学生の時に読んで大好きだった
ムーミンの小説の中では
太陽が昇らない冬の間は冬眠をし、
太陽が降り注ぐ僅かな夏の間は太陽の光を思い切り楽しみます。
長く辛い冬の間を冬眠して過ごしたいという
作者トーベ・ヤンソンの気持ちが投影されているのかも・・・。


太陽にはいろいろな力があり、
その力を身近に実感したのが
息子の布おむつ。
洗濯して干す時に
薄っすら落ち切らなかった汚れを発見。
でも取り入れる時には真っ白に乾いていて
これが太陽の殺菌効果!天然の漂白効果のおかげなんだ!と
太陽のありがたさを感じました。

全ての生命の源である太陽。
日焼けは怖いですが(汗)、
それ以上に太陽が私たちに与える影響を考えると
毎日数十分くらいの日光浴はしたいな、と思います。

f0377243_11125507.jpg


[PR]
by foretoileblog | 2017-03-20 15:00 | vie quotidienne | Comments(0)