人気ブログランキング |

カテゴリ:bricolage・renovation( 13 )

f0377243_22575579.jpg

ただいまDIY熱が復活して継続中。
今度は、手づくり市でのディスプレイ用に
アクセサリーショウケースを作りました。

f0377243_22562335.jpg

素人には板を真っ直ぐに切るのも難しいので(汗)、出来るだけカットされた板をそのまま使えるよう計算(笑)。

f0377243_22560779.jpg

売られていない形は丸ノコでカット。
丸ノコも少しはビクビクしないで使えるようになってきました。

f0377243_22563908.jpg

蝶番と取手を残して組み立て。

f0377243_22573999.jpg

扉の部分には持ち運びしやすいように軽くて割れる心配の少ないアクリル板をガラスの代わりに入れました。
アクリル板に細い木を額縁のようにボンドで貼り付け、裏側のボンドが透けて見える部分には百均で見つけた黒のマスキングテープを貼って目隠し。
・・・おもいきりざっくりDIYですね(笑)。

f0377243_22571972.jpg

表はブラックブラウン(HapioSelect)という素敵な色を見つけました。
内側はミルクペイント(ターナー)のヘンプベージュ色を塗りました。

f0377243_23150346.jpg

最後に蝶番と取手を付けて出来上がり。

f0377243_22555341.jpg



by foretoileblog | 2018-09-27 00:00 | bricolage・renovation | Comments(0)

Décoration

f0377243_17154812.jpg

玄関とリビングを繋ぐドア。
リノベーションする時に
ここにはアンティークドアを付けたい、と思っていたのですが
なかなかこれだと思うドアが見つからず
リノベーション工期に間に合わないため
それなら自分で装飾してみよう、と現行品のシンプルなドアを選び、付けてもらっていました。

f0377243_17142646.jpg

リノベーションからすでに1年近く経ってしまいましたが(今書いていて、もう1年近く⁈と月日の経つのが早過ぎて驚いています(汗))
途中でほったらかしになっていた装飾をようやく進めました。
装飾パーツやモールディングは玄関のブラケットトイレの洗面台の脚と同じ『みはしショップ』さんで購入。

f0377243_17152448.jpg

デザインはアンティークをお手本に。
切ってボンドで貼っただけのざっくりDIYです。
モールディングの斜めカットで失敗してできたスキマは見なかった事にしてください(笑)。

玄関側はエレガントでノーブルなイメージに、


f0377243_17144636.jpg

リビング側はアンティーク家具に溶け込む落ち着いたデザインにしてみました。

f0377243_17162735.jpg

↑DIY前のドア。
こう見るとごくごくシンプルなドアもいいなぁ・・・。

f0377243_17460924.jpg

もう少しシンプルで彫りの深いイメージのモールディングを付けたかったリビング側。
近くのホームセンターで以前購入したものと同じモールディングを使おうと計画していたのが、
ホームセンターで取り扱いをやめてしまったためイメージしていたモールディングが手に入らず途中でほったらかしに・・・。
玄関側で残ったモールディングを付けてみたけどやっぱりやり直そうか・・・?
あと、微妙に違うホワイトを統一させようか?
アンティーク加工は・・・?
とまだ完成まで遠そうです。


by foretoileblog | 2018-09-25 00:00 | bricolage・renovation | Comments(0)

Un endroit pour se calmer

f0377243_18125838.jpg

一日に何度も通る廊下
ですが、
ふと足を止めて額の中を見ると
静謐で崇高な空気が漂う美しい絵に引き込まれるように
瞬時に
私の内にも
優しく心鎮まる穏やかな時間が流れます。

f0377243_18131312.jpg

洗礼式の証明書の額はアンティークのもの。
私に信仰する宗教はありませんが
アンティークが醸し出す古びた美しさと
心鎮まる絵の美しさに惹かれました。
全体のデザイン性の高さと
細い線で描かれた天使と薔薇と葡萄にも心惹かれます。

f0377243_18132335.jpg

額装された証明書は1888年のものだそうです。

f0377243_18133463.jpg

マリア様とイエス様のホーリーカードも19世紀後半のアンティークですが
額は百均の白いプラスチックの額に私がペイントしたものです。
言わなければアンティークに見えますか?(笑)



by foretoileblog | 2018-05-31 00:00 | bricolage・renovation | Comments(0)

revivre

f0377243_11104276.jpg


とても素敵なアンティークドアを見つけました。
何百年か前にクロゼットのドアとして作られたものだそうです。
このドアを使って
もう一度家具に作り変えてもらいました。

f0377243_11083245.jpg


最初、私が作ろうかな・・・と言ったら、
毎日使うものだからグラグラしてたり扉が開きにくかったりするのは嫌だと夫に言われたので(苦笑)、リノベーションしてもらったスタイルハウスさんに頼むことにしました。
置きたい場所が、前に柱のある限られたスペースで開き戸にすると開かないため
引き違いにスライドできる扉にしてもらいたいことと
そんなおもいきり和風な形体でありながら
フランスアンティークにあるような家具のように仕上げてもらいたいという
またややこしいことを注文させてもらいましたが
社長の中山さんは快く引き受けてくださり、
(注文してすぐにモールディングを買っておいてくれたそうです。バイタリティ溢れるお人柄が素敵です)
先日大工さんが作って納品してくれました。

モールディングの感じとか色合いとか、アンティークドアと同じ時代に作られたのかと思うような出来上がりで、イメージとして送らせてもらっていたアンティーク家具の写真と見間違うくらい理想通りというか
こんなにかっちり家具として再生できるんだ、と理想以上に素晴らしい出来に大興奮でした。

f0377243_11094139.jpg


かなり古いアンティークドアなので形がきっちり四角ではなかったのですが
ぴったり閉まるし、

f0377243_11090154.jpg

ドアは1枚でも相当な重さなのですが戸車とレールで指1本で開閉できるくらい軽く動くので
日に何度も開け閉めしても全くストレスを感じません。
見えない所でちゃんと補強されていたり、

f0377243_11100205.jpg

↑加工してもらう前の状態

埋め込まれるように付いていたヒンジ(ドアの左右に付いている蝶番)やラッチ(錠)もきれいにカットしたりして外されていて、
私がやっていたら「うーん、取れない(汗)」とか「今にも壊れそう・・・」と多分途中で途方に暮れていたと思います。
やっぱりスタイルハウスさんに頼んで良かったです。

f0377243_11092543.jpg

中に電化製品を置きたかったので配線が出来るように背板はなしで頼みました。

f0377243_11063037.jpg

開けた時に見える引き出しがかわいくておしゃれです。

f0377243_11080779.jpg

このアンティークドアの彫刻は昔の職人さんが手彫りされた素晴らしい芸術品。
何百年も前に作られたアンティークドアを現代の大工さんに家具として再生していただき、いつも見えるところでこれからも使っていけることがとても嬉しいです。





by foretoileblog | 2018-03-28 00:00 | bricolage・renovation | Comments(0)

habiter ensemble

f0377243_23531855.jpeg


新しい年も半月が過ぎましたね。
家の中のDIYやパソコン作業をしているうちにあっという間に時間が過ぎてしまいます。
今年もゆっくりスタートですが、
今年はもっとものづくりに力を入れていき、発信をもっと増やしていきたいなと思っています。

今年もどうぞよろしくお願いいたします。

上の写真は姉夫婦の家のリネンちゃん。

✲✲✲

リノベーションももう昨年のことになりますが・・・

リノベーションの2か月と少しの間
隣に住む姉夫婦の家に住まわせてもらっていました。
普段2人と猫1匹で静かに暮らしているところに
私たち家族6人と猫1匹が加わって
合計8人と猫2匹の大人数での生活。
核家族が多い現代になかなかないシチュエーションですね。

荷物がゴチャゴチャと増え、
散らかすのが得意な子どもを含む大人数が一緒に生活するのは
片付け上手で家はいつも整理整頓されている姉夫婦&猫ちゃんにとって多分ストレスのかかるものだったろうと思いますが、
子どもたちは大好きな姉夫婦たちと一緒に暮らせるのがとても楽しかったみたいで、
私たちもとても助かりました。

f0377243_23535906.jpeg

大同居の間に迎えた次男の誕生日には姉が飾り付けなどもしてくれました。

f0377243_00084528.jpeg


去年の誕生日には
”irina"のとてもかわいいケーキ、ロールケーキタワーを用意してくれたり、
普段からもう1組の親のようにお世話になっています。


一番心配していたのは猫たちのストレス。
2匹ともおっとりした性格の女の子なので取っ組み合いのケンカはしませんが近づくと小さな唸り声がリネンから聞こえてくるので、

f0377243_23522183.jpeg

↑一応段ボールでガードしてみました。

1階はリネン、二階はうちのラビ、と住み分けをしてもらいました。
1日目だけはリネンが便秘になって心配しましたが、ご飯も普通に食べてくれ、体調も崩さずいてくれたのでホッとしました。

f0377243_00091837.jpeg


↑うちのラビ。





また、
親と子、孫が同居するということは
それぞれの確立された生活スタイルがお互いに崩れるということ。

私たち家族が一昨年私の実家へ越して来たことで
同居して生活スタイルが変わっても
今回リノベーションでいろいろな物を処分したり、庭の木を切らなければならなくなったときも
何も文句を言わず
好きなようにしたらいいと言ってくれる両親。
物欲が無く
慎ましく
人の悪口を言わない両親。
私は自分の親なのでついズケズケと言ったりしてしまいますが
本当に感謝しなければならないな、と思います。

でもリノベーションをして
部屋が温かくなったり
お風呂が快適になったり
大きなダイニングテーブルになって
時々姉夫婦も一緒に食卓を囲む時も全員テーブルに揃って座れることを喜んでくれたり、
孫と一緒に暮らして楽しそうな笑顔が見られたり
最近年老いてきていろいろなことが危なっかしくなったりしてきているのを見ると、
やっぱり同居して良かったなと思います。

f0377243_23543764.jpeg


by foretoileblog | 2018-01-16 12:00 | bricolage・renovation | Comments(0)

リノベーション完成3

f0377243_09343884.jpeg


今日は解体前の普段の家の写真や
解体後と、
リノベーション完成後との
ビフォーアフターを・・・。

✤玄関✤
~before~

f0377243_06321462.jpeg

2,3年前の
実家に帰省した時の写真。
瓦のような色の四角いタイルのタタキと引き戸が和風な感じ。

~解体後~

f0377243_09595733.jpeg

玄関脇の光がいっぱい入るチェッカーガラスの良さを活かして・・・

~after~

f0377243_10014585.jpeg

チェッカーガラスを額縁のような枠で囲んでクラシカルな雰囲気に。
窓の外側にはこちらが用意したフランスアンティークのアイアン(↓下の写真に写っているアイアンです)を付けてもらいました。
玄関ドアの正面にはシュークローゼットも。

f0377243_08145495.jpeg



✤客間&居間→リビング&ダイニング&キッチンへ✤
~before~

f0377243_06424276.jpeg

床の間があり、障子の向こうは縁側という昔ながらの造りでした。
庭が一望できる縁側はとても好きでしたが
庭の向こうは道路なのでいつも障子は締めたまま。
私たち家族が越してきてからはこの部屋は荷物置き場のようになっていて・・・。
陽が入る明るくて温かい一番良い場所を
家族がいつも集まり
時には来客をもてなしたりできる場所に、と。

~解体後~

f0377243_10553718.jpeg


f0377243_11045227.jpeg

~after~

f0377243_11032777.jpeg


奥の方はダイニングとキッチンに。
上にロフトを作ってもらい
季節ものの収納に活用。

f0377243_07304988.jpeg


反対側はリビングに。
吹き抜けにしてもらいました。
構造上取れない柱も中山さんの提案で漆喰と腰壁風に。
まるでわざわざ作った装飾物のようにこの部屋のアクセントになって素敵です。
家で飼っている猫のラビも新しい場所を満喫しています。



✤廊下✤
~before~
20年前に増築したため廊下は曲がりくねっていました。

f0377243_07411103.jpeg

~after~
少し位置をずらして
リビングから真っ直ぐ
それぞれの個室に繋がるドアへの廊下に。

f0377243_07445251.jpeg


f0377243_07481265.jpeg

リビングと同じ無垢木の床が貼られています。
足に触れる感触と温かさがとても気持ちいいです。

廊下の壁にかける予定の額たち
飾る位置を考え中。


✤トイレ✤
家族が多いのでトイレは2つ作ってもらいました。
~after~

f0377243_07563770.jpeg

1つめののトイレ。
この手洗い台も大工さんの手作り。
みはしショップさんで買っておいた手すり材を脚に使用してもらいました。
床に付く部分を裾すぼまりに細くカットして脚らしくしてくれ、
台の下の飾り切りもアンティーク家具風にカットして作ってくれました。

f0377243_07572243.jpeg


2つめのトイレ
片側の壁だけアンティークなブルーに塗ってもらいました。
もう片側は漆喰の白い壁。
配管はわざと見せて。
後で中山さんが配管に色を塗りに来てくれて
今はブロンズ色になり
さらにアンティーク風になっています。


✤バスルーム✤
~before~

f0377243_08114839.jpeg


f0377243_08110888.jpeg


約20年前増築した浴室&洗面所。
うちは姉妹だったので、当時の大工さんが女の子はピンクだろう、と全部ピンクを選んで作ってくれたもの。
時代を感じます。
ちなみに写真は現代です。お風呂に入っている子どもは長男。

~after~

f0377243_18373555.jpeg


f0377243_18392510.jpeg

浴室は全白&シルバーにしてもらいました。
家全体もですが、お風呂場も以前よりだいぶ温かいです。


✤ダイニングキッチン→寝室✤
~before~

f0377243_18580990.jpeg


約20年前、ここも増築した部分。
ダイニングキッチンから洗面所に入る構造。
後ろに見える洗面所のドアが味気なかった・・・。

f0377243_18584590.jpeg


2年と少し前の写真。
次男の後ろに見えるシステムキッチンは
私には低く、洗い物をすると腰が痛くなっていました。

~解体後~

f0377243_18554892.jpeg


~after~
ダイニングキッチンだった場所は寝室に。


f0377243_19114760.jpeg




✤和室+廊下→ウォーキングクローゼット兼アトリエ✤
~before~

f0377243_19192586.jpeg

両親の衣裳部屋になっていた和室と
廊下の間の壁を抜き
両親用のウォーキングクローゼット
洋裁をしている母の仕事用のミシンと
私のアクセサリーパーツ収納棚を置いたアトリエに。


~after~

f0377243_19224165.jpeg



✤寝室→子供部屋✤
~before~

f0377243_06121172.jpeg


20年前増築した時に
キッチンだった部屋を寝室にした部屋。
今度は半分に間仕切ってもらい
2人の子供部屋に。

~after~

f0377243_06191820.jpeg


f0377243_06193711.jpeg


漆喰の壁に
こちらはヘリンボーン柄のクッションフロアを。

照明はやっと付けましたがカーテンはまだのこの部屋たち。
飾る予定の額やアルファベットサインたちも壁にかけられる日を待っています。
額装作家などをされている方に出産時いただいたそれぞれの息子の写真を
それぞれの部屋に飾りたいなと思っていたのですが
やっとその日がやって来て嬉しいです。

長男も自分の部屋ができて嬉しそうです。
IKEAで姉夫婦に買ってもらった子ども用のテントを張って
中に自分でクッションやおもちゃ箱などセッティングし
次男を呼んで(まだ一人でいるのは怖いらしい)遊んでいます。


✤✤✤
あと、両親の部屋は和室にしてもらいました。
出来上がったとたん大急ぎで荷物を詰め込んだので写真を撮り忘れました(汗)。


✤✤✤✤✤



昭和43年に建てられた和洋折衷だった家が
スタイルハウスさんの力を借りて
フランスアンティークの似合う家を目指したら
こんな風になりました。
変わり過ぎて(素敵に)驚きですが
家の形はむかしのままなので
私が小さかった頃、縁側があったこの場所でおばあちゃんがかんぴょうや渋柿をむいていたなぁ、とか
思い出せたり
今は見えるようになった
約50年この家を支えて来てくれた梁を見ると
神聖な気持ちというかありがたいという気持ちを感じられたりできます。


スタイルハウスさんに作ってもらった家を元に
フランスアンティークの似合う家をさらに追求して
今度は私が作っていきたいなと思います。


f0377243_19355674.jpeg

庭から見た家の中。
あ、庭の木にぶら下がる蜘蛛も写ってました(笑)。



by foretoileblog | 2017-12-10 00:00 | bricolage・renovation | Comments(0)

リノベーション完成2

f0377243_23483483.jpeg


出来上がった家は
どこを見ても職人さんたちの素晴らしい技術が見て取れて惚れ惚れしてしまいます。

f0377243_07290448.jpeg

アイランドキッチンを
アンティークなカフェカウンターのようにしたい
と見せたイメージ写真とそっくりに大工さんが作ってくれました。
額縁のような装飾がとても美しいです。

f0377243_07455931.jpeg

このアイランドキッチンの後ろに見える棚も大工さん作。
イメージ写真のキッチンの棚を見て中山さんが
こんなのはどこにも売ってない。作りましょう。
と作ってくれました。

f0377243_07400790.jpeg

一番上の段の飾り切りや扉の装飾をアンティーク風にしてくれています。
さすがプロの仕事と感じるきっちりした造りです。


f0377243_07470032.jpeg

フランスの建築物で見るような
デコラティブな壁をどこかに作りたいなと
建築装飾物などの品揃えがすごいみはしショップさんで買ったブラケットを玄関のシュークローゼットの入口につけてもらいました。
ブラケットをつなぐアーチは大工さんが形を作り
左官やさんが漆喰で工夫をして段をつけてくれました。

f0377243_08145495.jpeg

フランスのお屋敷の廊下や
パリの古いアパルトマンの玄関
などで見かけるタイルを
玄関のタタキに貼ってもらいたかったのですが
同じようなタイルが販売されておらず
それなら作りましょう。
と中山社長。

f0377243_08190633.jpeg

アンティーク感のあるアイボリーのタイルを探してきてくれ
そしてタイル張り屋さんが八角形になるように
一枚一枚切って
黒いタイルと合わせて貼ってくれました。
とても手間のかかる作業です。

f0377243_07485603.jpeg

中山さんこだわりの大理石の棚。
アーチの装飾と
アンティーク風タイルのイメージから
ここには大理石を使いたい!と
奮発してつけてくれました。

f0377243_08310612.jpeg

フランス人はブリコラージュ(日曜大工)好きが多いと聞きます。
業者さんに言ってもなかなか修理に来てくれなかったりすごく高いので
補修だけでなく壁を塗ったり内装を変えたりも自分でする人が多いのだとか。
そんなフランス人が古い建物の壁を自分で塗り直した
という感じを出したかったのですが
すぐ理解してくれて
わざと跡が残るように左官やさんが理想通りの壁に仕上げてくれました。

f0377243_08530051.jpeg

海や貝をイメージさせるような
洗面台にしたくて
こちらが用意した鏡や照明、見せたイメージ写真などを見て
中山社長がかなりイメージに近いカランや洗面ボールを探してきてくれました(これもかなり奮発してつけてくれました)。
洗面台も
セメントみたいなものがいいです
と言うこちらのイメージするものをとても良く理解してくれて作ってくれました。

f0377243_09014627.jpeg


利益はちゃんと取れているのかなとこちらが心配するくらい
色んなものを付けたり作ったりしていただきました。
中山さんは元大工さんなので
建築の色んな事を熟知しておられるし
良いものを作りたいというこだわりのある方なので
こちらの伝えたいイメージも良く理解していただき
理想通りのものを探してきてくれたり
手作りしてくれました。
スタイルハウスさんに出会えてなければ多分ここまで理想通りのものは出来てなかったと思います。


f0377243_09275909.jpeg
中山社長自ら
アンティーク風に塗ってくださった床。
素敵です。


リノベーション記事
まだ次回に続きます・・・。


by foretoileblog | 2017-12-04 12:00 | bricolage・renovation | Comments(0)

リノベーション完成1

f0377243_11554787.jpeg


リノベーション工事は家の中が終わり(今は外構の方をやってもらっています)、
引越しの片付けもようやくメドがついてきました。
(今までリフォームと書いてきましたが間取りの変更など大規模に改装するのはリノベーションと呼ぶのですね)

リノベーションは京都府城陽市にあるスタイルハウス(株)さんに頼みました。
ネットで探していてたまたま見つけたのですが、スタイルハウスさんに出会えて本当に良かったと思っています。

この家を作るために
たくさんの職人さんが働いてくださり
まずお礼を言いたいです。
社長の中山さん、コーディネーターさん、大工さん、左官やさん、天井のクロス張りの方(何てお呼びしていいのかわからない)、タイル張りの方、電気配線してくださる方、水道・ガス関係の方々、etc・・・、
出来上がった家を見て、本当に感激して、感謝の気持ちでいっぱいになりました。
直接言えなかった方々にも
この場を借りて伝えたいです。
とても素敵な家を作ってもらって
本当にありがとうございました。

f0377243_23141563.jpeg


社長の中山さんはじめ、職人さんたちが知恵と技術を駆使して
こちらが理想とするイメージ写真に限りなく近いものを
とても意欲的に作ってくれました。
技術を持った方々ばかりで
職人さんの仕事に毎日感動していました。



✤✤✤

f0377243_23144309.jpeg


6月半ばから始まったリノベーション工事ですが
両親の和室だけを先に完成させてもらい
荷物を詰め込んでから全体に取り掛かってもらったので
一番暑さ厳しい時期に重なってしまった解体。
たくさん汗を流しながら大工さんたちが頑張ってくれました。

f0377243_23152356.jpeg


f0377243_23154774.jpeg

昭和43年に建てられた実家。

f0377243_23163020.jpeg

畳も全てはがされ・・・

f0377243_23165836.jpeg



f0377243_23173555.jpeg

今度は無垢フローリングが張られます。

f0377243_23175663.jpeg

間取りも少し変わって・・・

f0377243_23182251.jpeg


f0377243_23184240.jpeg

ロフトになる部分も作られていきます。

f0377243_23191911.jpeg

フローリングの無垢木が運び込まれてきました。

f0377243_23194392.jpeg

子どもたちも出来上がるのを楽しみにしています。

f0377243_23200718.jpeg

去年屋根裏で生まれた野良猫の子どもたちも興味津々。


f0377243_23204127.jpeg


f0377243_23211833.jpeg

キッチンが徐々に出来上がってきました。

f0377243_23214347.jpeg

最後の追込み。
何人か数えられないくらいたくさんの職人さんが集まって完成させてくれました。

f0377243_23220618.jpeg


次回に続く・・・。

by foretoileblog | 2017-11-30 00:00 | bricolage・renovation | Comments(0)

リフォーム中

f0377243_12202618.jpg

少しずつ
形が見えてきました。

f0377243_12203955.jpg

f0377243_12210602.jpg


by foretoileblog | 2017-09-21 00:00 | bricolage・renovation | Comments(0)

リフォーム

f0377243_13130294.jpeg

アトリエのリフォームをするために
しばらくアクセサリー作りはお休みさせていただいておりますが、
アトリエを含む住んでいる家全体も現在リフォームをしています。

リフォームしているのは
築50年近くの実家。
途中増築した部分以外は全て畳の部屋で
座敷があり縁側があり・・・と昔ながらの造りも古さも好きなのですが
私たち家族が去年引っ越して来て
家族形態や生活スタイルも変わり
もっと快適に住めるようリフォームすることにしました。

f0377243_13132660.jpeg

畳を剝がし、天井を抜いたところ。
(またbeforeの写真を撮り忘れました(汗))

大きな梁が出て来ました。
約50年家を支えて来てくれ、
またこれからも支えて行ってくれるだろう梁。
木もすごいし大工さんもすごい・・・。





ファッションも音楽もインテリアもこだわりのある夫が
インテリアは私の自由にさせてくれることに感謝しつつ(趣味が全く違うので)、
”フランスアンティークの似合う家”という私個人の趣味を前面に押し出した(汗)テーマで
家を作っていく予定です。

リフォーム期間に
また家具も作っていこうと
ジグソーの刃の向きの間違いを優しく教えてもらったおじさんに相談しながら
工具も買って来ました。

f0377243_13162666.jpeg

曲線もカット出来て、動きも緩やかなので
初心者でもさほど恐怖心を感じず扱えるジグソーと↑、

f0377243_13192956.jpeg

溝を作ったり、飾り切りできるトリマーとルータービット↑。

・・・何を作るつもりでしょうか・・・(笑)。

DIYとリフォームの様子をまたブログでリポートしていきますね。


by foretoileblog | 2017-07-08 00:00 | bricolage・renovation | Comments(0)