人気ブログランキング |

<   2018年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

Avortement -2

f0377243_11384894.jpg

(昨日の続き)
私はツワリがひどい方で、一日中車酔い・船酔いしているようなしんどさ。
日に何度も吐き寝込んでしまうほどです。
それが何週間も続きます。
赤ちゃんの心臓が止まっていてもまだお腹にいる間はツワリはおさまりません。
妊娠6週目頃から始まったツワリ。
流産の発覚、流産確定の診察、赤ちゃんを取り出す手術までの何週間もツワリは続き寝込んだまま。
何も出来ないもどかしさの中、食事の用意や片付けは母と隣に住む姉が全て担ってくれ、家族それぞれが家事を手伝ってくれました。
自分が動けない時に
子どもの世話や食事の用意など委ねることができる人のいる事が
本当にありがたいと思いました。

✲✲✲

流産後の処置は、1度目の流産は茫然とした状態の中勧められるままに手術をし、後であれで良かったのか?という後悔がありました。
赤ちゃんを無理矢理引き離したような気持になったからです。
2度目は流産になった週数が早くて子宮内も小さかったことと、まだツワリも軽かったこともあり、進行流産になるのを待って自然に流れてくるのを待ちました。
リスクは、重い腹痛と大量の出血があり、それがいつやってくるかわからないこと。
大量の出血があるため貧血や驚いて倒れてしまう人もいて危険があること。
完全に排出されず残留物があれば結局は手術が必要になること。
それでも、1度目の後悔があったから今度は自分の手で受け止めてあげたい、と手術は選択しませんでした。
家で1ヶ月ほど待ってようやく、重い腹痛が起こり、トイレに入ると滝のような本当に大量の出血で、出血多量で倒れるんじゃないかと思いました。
赤ちゃんの入っている袋が見当たらず、見逃したのかと思いましたが、病院で診てもらうと、子宮の端っこに引っかかっていたそうで、その場で先生が取り出してくれ、赤ちゃんサイドの検査もしてもらえました。
幸運にも残留物もなく手術の必要もありませんでした。
今回3度目の流産は、とにかくツワリがピーク時のしんどさでずっと続いていて、これ以上長く続くのは耐えられなかったので手術を選択しました。
1度目の手術は、手術が終わると同時に麻酔から爽やかに目覚め、術前処置も術中術後も全く痛みがないという素晴らしい手術でしたが、
正直なところ
今回の手術は麻酔の副作用で嘔吐したり腹痛があったりと、もう手術は嫌だなぁと思いました。
でも自分でした選択なので後悔はありません。
手術をするか、自然に流れてくるのを待つか、週数にもよりますが先生と相談しながら自分で選択するのがどちらにしても後悔がなくて良いと思いました。

✲✲✲

f0377243_11400767.jpeg


数週間前に、夫の実家へ帰省して実家の方面にあるお寺に夫の厄除け参りへ行く小旅行を家族で計画していましたが、私が行けなくなったため、夫と長男だけで行く事になりました。
長男初めての二人旅。
3歳の次男はまだ起きた時に私の姿が見えないと泣きますが、5歳の長男は私がいなくてももう寝起きできるようになっていて、帰省の間もグズッたりせず、皆と和気あいあい、とても良い子で過ごせていたそうです。
そして厄除け参りで、誰も何も言っていないのに
「お母さんの体が良くなりますように。」
と小さな声で拝んでくれていたそうです。
長男の優しい気持ちに涙が出ました。
お父さんと二人旅が出来るくらい大きくなり、人を心配して思いやる気持ちを持てる子に成長したんだな、と嬉しく感じました。

そんな中で私の誕生日も迎え、
メッセージをくれた夫の実家や義兄夫婦、友人たち、手術の日に駆け付けて来てくれた私の叔父叔母、そしてそばで見守り助けてくれる姉夫婦と家族、
皆の支えを感じ、流産は悲しいけれど、支えてくれる周りの人たちがいる。
私は幸せ者だなと感じています。

f0377243_11393603.jpg


by foretoileblog | 2018-02-28 12:00 | vie quotidienne | Comments(0)

Avortement -1

f0377243_10450789.jpeg

すごく、プライベートな事ですが、3度目の流産をしました。

流産は、長男を産む少し前にも2度経験しています。
子どもが欲しかったので、初めての妊娠がわかった時は夫と共にとても喜びました。
エコーで見えるすでに人の形をした赤ちゃんの姿がかわいくて、
お腹が大きくなって、出産して、どんな赤ちゃんに出会えるんだろう・・・と夢を見ました。
しかし出血が多く流産の危険がある、と大きな病院へ紹介されましたが今回と同じく8週目頃に赤ちゃんの心臓が止まっている事がわかりました。
真っ先に
子ども好きな夫に何て言おうと(ありのまま言うしかないですが)夫の顔が浮かびました。
妊娠=出産という安易な考えが吹き飛びました。
奇跡のような確率で産まれてくるのだと知りました。
当時私は30代後半、高齢出産に入る年齢でした。
卵子は女性の体の中で新しく作られるものではなく、
お母さんのお腹の中にいるときからすでに女性の体の中にあって、産まれたときには200万個もある卵子が、毎月何百個と消えていきます。
私が歳をとるほど卵子も数が減っていき、卵子も同じように歳をとり、傷付いた卵子も増えるのだそう。
その傷付いた卵子で妊娠できたとしても、うまく育たず流産となってしまいます。
検査もしてもらいましたが流産の原因となるような病気はなく、ただ妊娠を繰り返して質の良い卵子が来ることを待つしかないと先生に言われました。
高齢である自分を申し訳なく感じましたが、
普段から面白い事を言って笑わせてくれる夫は、流産がわかってからも変わりなくよく笑わせてくれて、癒されました。
でも、この世に生まれて来られなかった赤ちゃんの魂を思うと、不憫で、無性に悲しくて、それをどう捉えればいいのか苦しみ、同じように流産をされた方のブログをいろいろ読みました。
その中で、
”流産した赤ちゃんの魂は
お母さんのお腹の中で
次に産まれてくる赤ちゃんの魂となって出てくることを待っていますよ”
という言葉があり、次に生まれてくる赤ちゃんとして会えるんだ、
と思うことで心がスーッと落ち着きました。
そう思わなければずっと苦しみ続けていたと思います。
今となってはどなたが書かれたブログだったのかわからず申し訳ないのですが、私を救ってくれた言葉です。

流産を2度経験した後、長男がお腹の中にいる時、また心臓が止まっていたら・・・と思うと妊婦検診に行くのが毎回心配で心配でたまりませんでした。
「週数の割には頭が少し小さいですね・・・。」と言う先生の言葉に恐怖したりもしましたが、何事もなく無事に長男を、2年後に続けて次男も出産することができ、次男を出産した際に
「やっと家族が揃った。」と思いました。
ずっと2つの魂の事が頭にあったからだと思います。
(今から思うと1つの魂と考えることもできるのですが)

今回3度目の流産があり、今の私の年齢的にこの先無事にもう1人産むのは難しいだろうな
と感じています。
次の赤ちゃんの魂となって出てくることは叶わないかもしれない。
それならば、
お母さんのお腹の中で
一緒に人生を歩んで行こうね。
今はそう思うことで気持ちは落ち着いています。
(明日に続く)


by foretoileblog | 2018-02-28 00:00 | vie quotidienne | Comments(0)