人気ブログランキング |

f0377243_22575579.jpg

ただいまDIY熱が復活して継続中。
今度は、手づくり市でのディスプレイ用に
アクセサリーショウケースを作りました。

f0377243_22562335.jpg

素人には板を真っ直ぐに切るのも難しいので(汗)、出来るだけカットされた板をそのまま使えるよう計算(笑)。

f0377243_22560779.jpg

売られていない形は丸ノコでカット。
丸ノコも少しはビクビクしないで使えるようになってきました。

f0377243_22563908.jpg

蝶番と取手を残して組み立て。

f0377243_22573999.jpg

扉の部分には持ち運びしやすいように軽くて割れる心配の少ないアクリル板をガラスの代わりに入れました。
アクリル板に細い木を額縁のようにボンドで貼り付け、裏側のボンドが透けて見える部分には百均で見つけた黒のマスキングテープを貼って目隠し。
・・・おもいきりざっくりDIYですね(笑)。

f0377243_22571972.jpg

表はブラックブラウン(HapioSelect)という素敵な色を見つけました。
内側はミルクペイント(ターナー)のヘンプベージュ色を塗りました。

f0377243_23150346.jpg

最後に蝶番と取手を付けて出来上がり。

f0377243_22555341.jpg



by foretoileblog | 2018-09-27 00:00 | bricolage・renovation | Comments(0)

Décoration

f0377243_17154812.jpg

玄関とリビングを繋ぐドア。
リノベーションする時に
ここにはアンティークドアを付けたい、と思っていたのですが
なかなかこれだと思うドアが見つからず
リノベーション工期に間に合わないため
それなら自分で装飾してみよう、と現行品のシンプルなドアを選び、付けてもらっていました。

f0377243_17142646.jpg

リノベーションからすでに1年近く経ってしまいましたが(今書いていて、もう1年近く⁈と月日の経つのが早過ぎて驚いています(汗))
途中でほったらかしになっていた装飾をようやく進めました。
装飾パーツやモールディングは玄関のブラケットトイレの洗面台の脚と同じ『みはしショップ』さんで購入。

f0377243_17152448.jpg

デザインはアンティークをお手本に。
切ってボンドで貼っただけのざっくりDIYです。
モールディングの斜めカットで失敗してできたスキマは見なかった事にしてください(笑)。

玄関側はエレガントでノーブルなイメージに、


f0377243_17144636.jpg

リビング側はアンティーク家具に溶け込む落ち着いたデザインにしてみました。

f0377243_17162735.jpg

↑DIY前のドア。
こう見るとごくごくシンプルなドアもいいなぁ・・・。

f0377243_17460924.jpg

もう少しシンプルで彫りの深いイメージのモールディングを付けたかったリビング側。
近くのホームセンターで以前購入したものと同じモールディングを使おうと計画していたのが、
ホームセンターで取り扱いをやめてしまったためイメージしていたモールディングが手に入らず途中でほったらかしに・・・。
玄関側で残ったモールディングを付けてみたけどやっぱりやり直そうか・・・?
あと、微妙に違うホワイトを統一させようか?
アンティーク加工は・・・?
とまだ完成まで遠そうです。


by foretoileblog | 2018-09-25 00:00 | bricolage・renovation | Comments(0)

Un endroit pour se calmer

f0377243_18125838.jpg

一日に何度も通る廊下
ですが、
ふと足を止めて額の中を見ると
静謐で崇高な空気が漂う美しい絵に引き込まれるように
瞬時に
私の内にも
優しく心鎮まる穏やかな時間が流れます。

f0377243_18131312.jpg

洗礼式の証明書の額はアンティークのもの。
私に信仰する宗教はありませんが
アンティークが醸し出す古びた美しさと
心鎮まる絵の美しさに惹かれました。
全体のデザイン性の高さと
細い線で描かれた天使と薔薇と葡萄にも心惹かれます。

f0377243_18132335.jpg

額装された証明書は1888年のものだそうです。

f0377243_18133463.jpg

マリア様とイエス様のホーリーカードも19世紀後半のアンティークですが
額は百均の白いプラスチックの額に私がペイントしたものです。
言わなければアンティークに見えますか?(笑)



by foretoileblog | 2018-05-31 00:00 | bricolage・renovation | Comments(0)

リフォーム

f0377243_13130294.jpeg

アトリエのリフォームをするために
しばらくアクセサリー作りはお休みさせていただいておりますが、
アトリエを含む住んでいる家全体も現在リフォームをしています。

リフォームしているのは
築50年近くの実家。
途中増築した部分以外は全て畳の部屋で
座敷があり縁側があり・・・と昔ながらの造りも古さも好きなのですが
私たち家族が去年引っ越して来て
家族形態や生活スタイルも変わり
もっと快適に住めるようリフォームすることにしました。

f0377243_13132660.jpeg

畳を剝がし、天井を抜いたところ。
(またbeforeの写真を撮り忘れました(汗))

大きな梁が出て来ました。
約50年家を支えて来てくれ、
またこれからも支えて行ってくれるだろう梁。
木もすごいし大工さんもすごい・・・。





ファッションも音楽もインテリアもこだわりのある夫が
インテリアは私の自由にさせてくれることに感謝しつつ(趣味が全く違うので)、
”フランスアンティークの似合う家”という私個人の趣味を前面に押し出した(汗)テーマで
家を作っていく予定です。

リフォーム期間に
また家具も作っていこうと
ジグソーの刃の向きの間違いを優しく教えてもらったおじさんに相談しながら
工具も買って来ました。

f0377243_13162666.jpeg

曲線もカット出来て、動きも緩やかなので
初心者でもさほど恐怖心を感じず扱えるジグソーと↑、

f0377243_13192956.jpeg

溝を作ったり、飾り切りできるトリマーとルータービット↑。

・・・何を作るつもりでしょうか・・・(笑)。

DIYとリフォームの様子をまたブログでリポートしていきますね。


by foretoileblog | 2017-07-08 00:00 | bricolage・renovation | Comments(0)

la porte

f0377243_16040004.jpg
先日はDIY二作目にして無謀な大型家具を作ったことを書きましたが
今日は第一作目のことを・・・。

初のDIYは、アンティーク風ドアを作りました。
憧れの雑貨店オルネドフォイユさんの
姉妹店であるボワズリーさんのずらりと並んだアンティークドアの撮影スタジオ(アンティーク家具店さんでもあります)は
オシャレな本や雑誌などでよく使われているので見かけられた方も多いと思いますが
初めて見た時にあまりに美しすぎて
そしてアンティークドアを並べるというセンスに衝撃を受け
アンティークドアとオルネドフォイユさんはずっと憧れでした。

物が経てきた時間や背景
その経年による変化の美しさ。
本物のアンティークドアはいつか欲しい。
けど、主婦が気軽に買えるお値段でもないし、
気になるDIYの第一作目としてはやはりアンティーク(風)ドアだろう、と。
f0377243_15565537.jpg
私の技術ではまだまだ本物には見えません。
惚れ惚れするような精巧な技術で一見
本物のアンティーク?と見紛うようなものを作られておられる方もいらっしゃいますし
写真を乗せるのも恥ずかしいのですが
DIY初の一作目ということで(汗)。

f0377243_17144590.jpeg
SPF材とベニヤ板、モールディングをカットし
ビスと木工用ボンドで組み立て
下地にネオステインを塗りました。
f0377243_15573275.jpg
ペンキでペイント。
f0377243_15574716.jpg
制作時3歳の長男
なんでもやりたがるお年頃。
ペンキ塗りをお手伝い。
f0377243_15571752.jpg



余談になりますがオルネドフォイユさんといえば・・・
次男の名前をつける時
夫が考えていた候補の一つに『あきら』という名前がありました。
「あきらかぁ。・・・オルネドフォイユのオーナーの谷さんが『あきら』さんだったなぁ・・・。
そう言えばミナペルホネンの皆川さんも『あきら』さんだなぁ。
才能ある方達と同じ名前にしたら、この子もセンスある子になるかな・・・。」
なんて思いもあり、(夫は全然違う思いで候補に挙げていたのですが。)
私の中では次男の名前はほぼ『あきら』に決まっていたので
お腹の子に向かって「あきら、あきら」と呼び掛けていました。
結局最後の最後に
主人がより縁の深い名前を思いつき
別の名前になったのですが・・・。
一時、次男の名前は『あきら』でした(笑)。





by foretoileblog | 2017-01-07 15:00 | bricolage・renovation | Comments(0)

f0377243_10383391.jpg
力や技術が必要なノコギリやカナヅチはうまく使えないのでDIYは苦手と思い込んでいました。
実家に帰ったとき、父が使っている電動ドライバーや電動丸ノコを見て、これを使えば私にもできるかも…とやり始めたらすごく楽しい(笑)。
アクセサリーのパーツを使いやすく収納できる棚を作りたいな、とフランスアンティーク家具を参考に作ってみました。
全くの独学で、二作目にして高さ170cm横幅150cmの大作を作ろうというのが無謀過ぎますね(汗)。
どこにどんな板を使用したら良いのかわからず
丈夫にしようとしてすごく重くなったり
浮かせながら切るモールディングの斜め45度カットが難しくて隙間が開いてしまったり
ホームセンターの日曜大工のコーナー内で貸してもらえるジグソーの
刃を前後逆につけて逆方向に切っていたり(その後係りのおじさんに優しく間違いを教えてもらいました(苦笑))。
失敗や反省点は多々ありますが、なんとか完成しました。
f0377243_10414648.jpg
塗装は木目を活かしたかったのでネオステインのみで仕上げています。
f0377243_10404741.jpg
初めてジグソーで切ったカーブがぎこちないですね(笑)。
f0377243_10413000.jpg
電動丸ノコは少しビクビクしながら切りました(汗)。
ホームセンターでカットしてもらう方が安全で正確です。

電動ドライバーやジグソー(慣れればとても扱いやすいと感じました)はDIY初心者の女性の味方ですね。
f0377243_10391085.jpg
苦手だと思い込んでいたものが
見方を変えたり工夫したりすることで好きになることって
他にもあるのかもな・・・と思いました。

今は、
家中の家具を作りたいと
またまた無謀なことを密かに考えている今日このごろ・・・(笑)。

by foretoileblog | 2016-11-15 15:00 | bricolage・renovation | Comments(0)